漫才の歴史には、第一次、第二次、第三次のブームがあります。

第一次:ダイマル・ラケットを筆頭とした1960年代中期

第二次:漫才ブームで盛り上がった1980年代初期

第三次:ダウンタウン、とんねるず、ウッチャンナンチャンなどが活躍した1980年代後期